第71回日本心臓病学会学術集会

会長挨拶

会長:小野稔

第71回日本心臓病学会学術集会
大会長 小野 稔
東京大学医学部附属病院 心臓外科 教授

第71回日本心臓病学会学術集会の大会長を務めさせて頂きます東京大学大学院医学系研究科心臓外科学の小野稔と申します。外科系大会長は2008年の第56回学術集会の高本眞一東京大学名誉教授以来15年ぶりです。会場は新宿にある京王プラザホテルで、会期は2023年9月8日(金)から10日(日)です。

さて、今回の学術集会のテーマを「One Heart Team~切れ目ない心臓病治療」とさせて頂きました。最近の心臓病の治療手段の進歩は著しく、薬物はもちろんのこと、様々なデバイス治療が臨床現場に導入されてきていますが、虚血性心疾患、弁膜症をはじめとした structure heart disease、重症心不全治療などの多くの分野で、内科と外科の協調・協力体制が必須となってきています。いわゆる内科と外科を含む関係各部署から成る「Heart Team」が新しい治療法を適切に進める上で不可欠の条件となっています。一方で、患者の治療から社会復帰に至る一連のプロセスを統合的にケアする観点から、「Patient Journey」と言葉が広く使用されるようになってきました。かかりつけ医から地域基幹病院へ紹介され、さらに高次治療が必要となれば、大学病院や循環器センターへとつなぎますが、治療が完了すれば、再び地域病院、あるいはかかりつけ医での診療に落ち着いていく。この一連の「切れ目のない心臓病治療」は「One Heart Team」以外の何物でもありません。本学術集会では、外科と内科の連携、またpatient journeyの中に寄り添う心臓病治療の連携という観点を盛り込んでいきたいと考えています。

本学術集会は京王プラザホテルでの現地開催を主体として、必要に応じてweb配信を加えた形式で開催する予定です。2022年秋の各学会もそろそろ現地開催主体とする方向へ舵取りをしていますが、多くの参加者は感染予防に配慮しながら現地開催の臨場感を大いに享受しているように見受けられます。新型コロナウイルス感染症の状況については完全に見通すことが困難ではありますが、明年9月には現地に多くの内科医、外科医、かかりつけ医、さらにはメディカルスタッフが参加して頂けるものと期待しています。

会員のみならず、心臓病診療に日々取り組んでいる多くの先生方やメディカルスタッフの方々、また医療関連業界にお務めの方が心臓病診断・治療のup-to-dateを学び、日常の診療の問題解決につながるような実りの多い学術集会を目指してまいります。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

Page top

学術集会事務局

東京大学医学部附属病院 心臓外科 高度心不全治療センター
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1

運営準備室

日本コンベンションサービス株式会社
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル14階
TEL:03-3508-1214 
Email:jcc2023[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)