第67回日本心臓病学会学術集会

会長挨拶

第67回日本心臓病学会学術集会
会長 伊藤 正明
三重大学大学院医学系研究科 循環器・腎臓内科学 教授

第67回日本心臓病学会学術集会を2019年9月13日(金)~15日(日)に、名古屋国際会議場において開催させて頂きます。わが国の臨床心臓病学を率いてきた歴史ある本学術集会を主催できますことを大変光栄に思っております。
 本学術集会は心臓病学の"原点を学び、未来を創る -全身を診る、心臓をみる- "をメインテーマとしました。心臓病の診療において、心血管のみならず全身を鳥瞰的に見ることは、病態を正しく理解し、適切な治療法の選択とその評価を行う上で極めて重要です。この心臓病学の原点を、人口高齢化、新たな知見や技術の進歩、医療政策の変革といった今後のわが国の様々な時代の変化と調和させることにより、心臓病学の未来を創り、今後の心臓病学に携わる人材を育成することが本学会の使命となります。このような意図をもってプログラムを策定し、多くの参加者が自らの診療・研究を振り返ると共に、心臓病学の未来図を描く良い機会となるように企画いたします。
 本学術集会では、シンポジウム、ジョイントシンポジウム、コントロバーシー、ビジュアルワークショップ、臨床・実地医家セッション、教育講演、メディカルスタッフセッション、モーニングレクチャーなど多岐にわたる企画を準備しております。本学術集会への参画を通じて、多くの医療従事者が心臓病学の原点を学び、未来を創る喜びとやりがいを共有していただければ幸いです。
 坂本レクチャーはWashington University in St. LouisのJohn GorcsanⅢ先生にご講演いただきます。その他、海外から多くの先生方に特別講演、ジョイントシンポジウムなどをお願いしております。
 第67回の本学術集会が心臓病に関係する方々の充実した研鑽の場、また素晴らしい出会いの場となりますよう鋭意準備をして参ります。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。